ターミナルケアの看護師の役割

いま注目されているターミナルケアを知っておきましょう!
日本のターミナルケアを考える

患者に寄り添う看護師

ターミナルケアに携わる看護師は一般病棟とは違った動きを求められます。その具体的な仕事内容はどの様なものがあるか知っておきましょう。そこには色々なキャリアを求められる事もあるのです。

患者に寄り添う看護師
LINEで送る

ターミナルケアの看護

ターミナルケアは、治療を優先して行う他の診療科とは異なり、痛みや苦しみを軽減したり、コントロールする事を目標とした科です。ターミナルケアでいう痛み、苦しみとは、身体的な事だけでは無く、自分に少しずつ歩み寄る死への恐怖や苦しみ、悲しみなど、精神的なケアの方が多くなる事がわかると思います。看護師として、ひとりひとりの患者の痛みや苦しみに寄り添い、患者それぞれが望む形で死を看取るのが、ターミナルケアの看護師に求められる事です。精神的なケアや疼痛コントロールの他、看護計画の作成も含まれます。

ターミナルケアの看護

看護師の役割と仕事内容

ターミナルケアは基本的に病棟でのケアの提供です。ターミナルケアを受ける患者は施設に入所、入院しますので、これも基本的に外来は存在しません。患者が自分らしく最期を過ごせるように、食事時間や入浴時間も個人に合わせて決めています。ターミナルケアでは、医療従事者は患者の意思を尊重しますので、看護師ももちろん患者の意思を尊重し、ストレスをかけないようにする事が必要です。
また、患者が安楽に過ごせるように心配りも大切です。患者の体調を管理、把握する為に、通常の看護と変わりなく、バイタルチェックや点滴、与薬管理なども行います。ターミナルケアは看護師と医師だけではなく、薬剤師やカウンセラー、作業療法士などでチームを作り働きます。チームの皆が患者の安楽という目標に向かい、力を合わせることが求められているのです。また、大学病院付属のターミナルケアやがんセンターのターミナル病棟など、がん治療を行いながらターミナルケアも行うことも少なくありません。抗がん剤の治療を行いながら、副作用をできるだけ軽減しますので、快方に向かう患者もいることが大きな特徴です。

看護師の役割と仕事内容

訪問看護での役割と仕事内容

ターミナルケアは、がんの患者に限定されていることも少なくありません。また、がんの患者でも、最期を自宅で過ごしたいと希望することもあります。ターミナルケア病棟に入院せず、在宅でケアを受けたいという需要は近年ますます高まっていると言えます。総合病院や訪問看護ステーションに在籍する看護師は、患者の自宅で疼痛コントロールや日常生活の介助、看護計画作成や家族の精神的ケアも行います。この様に、様々な形態のターミナルケアがありますが、全ては患者の安楽を目的とする点で共通しています。

訪問看護での役割と仕事内容

ターミナルケアに興味がある方に人気の記事